パットメセニーのハーモニー感覚 について

スポンサーリンク

パットメセニー ギターソロにおける独特のハーモニーセンス

パット

YOUTUBE にある パットメセニーによるビードルズのカバー曲 And I Love Her についての話です。詩はありません。instrument です。

最初に聴いたのはガットギターによるヴァージョン。サウンドがとても良いですねえ。ハーモニー自体は特に変わったことはしていません。何度聴いたことか。

簡単なコピーをして楽しんだりしています。

Pat Metheny – And I Love Her (The Beatles) ガットギターによる演奏

 

Pat Metheny – And I Love Her (The Beatles)

弦はガットです。いわゆるクラッシックギターで使われているもの。僕自身はエレキのスティール弦を使うことが ほとんどなので、こういったガット弦によるサウンドには 馴染み がありません。新鮮に響きます。美しく感じます。

クラッシックギター 欲しい。

この演奏は Dm で行われています。調性でいうと Fmaj  ですけど。モードでいうと Dエオリアン 曲のスタートは サブドミナントである Gm7 からとなっています。


 

Pat Metheny – And I Love Her スティール弦ヴァージョン 変わったハーモニーセンス

下にアップした動画も 同じ曲の別ヴァージョンです。曲のキーは1音下げて Cm になってます。理由は不明です。もしかして全体のチューニングを1音低く変えているのかも。

明らかに上のヴァージョンとは違う。このヴァージョンでのラストを見ると Dトライアド をローポジション 開放弦 をつかったフォームで弾いているので おそらくチューニングダウンしている。

なぜかは理由がわからない。

 

Pat Metheny – And I Love Her

チューニングは置いといて、肝心のハーモニーなんですが、このスティール弦ヴァージョンでは かなり自由に演奏しています。譜割り というか小節も自由に変えています。

確信的に微妙にずれたハーモニーを使う

一番興味深いのは ハーモニーの 取り方 作り方 っていうんでしょうか。ジャズやってる人はこういうのを普通にやりますが、僕が一番 耳に残った響きは次の箇所。

1:28~1:33 ここの感覚が印象に残ってます。かなり違和感があると感じますがどうでしょうか。これは まさかの間違いではありません。確信をもって選んだ音ですね。

こういう感覚は、やっぱり演奏者本人に聴こえているんだと思います。頭のなかで聴こえている。理論的に考えてるんじゃなくて、実際に聴こえているんだと。だから その響きを選んだ。確信的に。

ギターテクニックの凄さって、速弾きとかに憧れちゃったりしますけど、いろいろな感じ方があります。僕もそういう表面的ギターテクニックに 「すげー」 とか思うことはある。だけど こういった新鮮に響く 音選び サウンド を創造できるのもミュージシャンとしての凄さだと思う。

響き ハーモニーにたいする 鋭敏性 感受性 を磨くこと。これ大事だと思います。

決められた音楽理論のなかで、決まったことしかやらない音楽ほど つまらないものはありません。そこには創造という言葉はない。かといって 奇をてらったものが素晴らしいか? というと 「それは違う」

難しいです。

言葉で表現すると 「美しいものの追求」 という態度なのかな と思います。美的感覚の追求。何かを クリエイト create 創造 する行為には動機がある。必然性といってもいいかもしれません。

なぜ その音を選んだのか?

それが この動画で指摘したかったことです。

 

 

 

コメント