CBDオイル カンナビジオールとは? 分かりにくい医療用大麻について

スポンサーリンク

医療用大麻の知識

日本では「大麻」 というとマリファナを連想してしまって、違法薬物という認識があります。

 

ああ、そういえば・・・

ナントカっていう女優、少し前に医療大麻がどうとか言ってて、逮捕された事件があったよね?

 

そう、医療大麻まではよかったんだけどね・・

じつは医療用と言っていた裏で、娯楽用として吸っちゃって捕まったという事件だったな。

たしかに大麻には精神状態に影響を及ぼす成分がありますが、詳しく調べると、その成分にはいくつもの種類があり、また、その働きも違うことが明らかになっています。

 

 

上に挙げた カンナビノイド これが、大麻草に含まれる化学成分の総称です。

ここからさらに細分化されます。

医療用大麻として使われる成分はカンナビジオールである

大麻成分に関するウィキ情報をよく読めば理解できることですが、いわゆる幻覚作用を起こさない大麻成分のことを・・・

カンナビジオール(国際一般名:Cannabidiol)、略称CBD

と呼んでいるようです。

違法麻薬として問題になるのは、テトラヒドロカンナビノール と呼ばれる成分です。

 

同じ大麻草成分でも薬効がずいぶん違うということが分かります。

ちなみに カンナビジオール CBD のほうは、普通に日本国内でも 健康食品 として流通しているようです。

普通に流通している CBDオイル ですが、入手の際はその 成分 にじゅうぶん注意が必要です!

 

ラベルだけで判断せずに、表示されている細かい成分についても調べるように! モノがモノだけに 「まがいもの」 があるケースもあるようです。
購入にあたってはじゅうぶんなリサーチをするようにお願いします。

大麻成分に関する研究はまだ途上。。

今回、大麻成分について、リサーチしてみたのですが、法律のことも含めて「とても分かりにくい事案だ」 というのが僕の正直な感想です。

 

数々の論文、研究などから、人体にとってとても有益なモノでもあるということは、アメリカにおける大麻事情もあわせて考えると、ほぼ間違いないと感じています。

 

 

しかし、また 向精神薬  という側面も持つことも確かなことなので、非常に扱いが難しいといいますか、麻薬でありながら医薬品でもあるというところが誤解を招きやすいのではないかと思うのですね。

 

 


 

ガン治療とCBDオイルの関係

ちなみに気になる情報としては、犬の駆虫薬で癌腫瘍が消滅した体験を持つジョーさんのストーリー↓

 

このストーリーのなかで、CBDオイル の処方についての情報があります。

 

彼は、フェンベンダゾール 以外にも、カンナビジオール CBD も並行して投与を受けていたようです。

 

CBD には 抗がん の薬効もあるようなのですね。このあたりの具体的な処方については彼のブログの原文(英語ブログ)をあたって確認していただきたい。

ブログ中に彼の運営するフェイスブックアドレスが示されています。ここ↓

mycancerstory.rocks
PLEASE READ the blog at www.mycancerstory.rocks BEFORE asking to join. This group is for discussion of the contents of the blog among patients and their caregiv...

非公開なのですが、参加を認められれば彼らの治療や体験に関するディスカッションに参加できるようです。アクセスパスワードはブログ中に示されています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました