除草剤とガン 草刈りシーズン到来だけど僕らは除草剤について知らなすぎるんじゃないか?

スポンサーリンク

ラウンドアップという除草剤とモンサントという企業

暑くなってきて、雑草も目立つ季節になりました。これから梅雨も迎え、ますます草が生えてきますw

ちなみに僕の住んでいる家は庭とか芝生もあるので管理が大変なのですね。もちろん除草剤も使いますし、ふつーに手で草を刈ったりもします。

んで、ちょっと気になったニュースがこちら↓

 

モンサントとはいったいどんな企業なのか?

いろいろリサーチしてみると、これが想像以上にヤバい系の企業かもしれないということなんですね。

バイオテクノロジー企業なんですが、はっきりいって「未来企業」といってもいいかと思います。

僕らの食糧、家畜のえさ、など、基本的な食生活全般に関わってくる企業です。単なる除草剤や、農薬だけの会社ではない。現在はドイツ医薬品大手のバイエルという企業に買収された模様ですが。

一応、モンサントの株についての掲示板を見てみるのも興味深い。↓

 

とりあえず除草剤の「ラウンドアップ」というブランドで有名なので知ってる方も多いはず。

ラウンドアップの毒性、発がん性に関する情報

ラウンドアップとガンとの関係については以下のページが見やすかったので貼っておきます。

日本では「大丈夫!」ってことで普通に販売されてます。

 

んで、こういった海外製品の販売承認ってのには、やっぱり政治的な思惑があるようで、いろいろあるようです。

※ 株価動向についての書き込みには興味深いものがある。

ついでなんですが、除草剤の仕組みについてのウェブページ↓

 

最後に、このモンサント、遺伝子組み換え作物をやっとります。この遺伝子組み換えというのは、ゲノム編集とは違い、元の種にはない遺伝子を組み込むことを指します。

 

つまり「異種配合」という理解でいいのかと思います。こういう操作をされた食物がすでに出回っていることにも恐怖を覚える。

将来的に、何に、いったいどんな影響が現れてくるのか? 

モンサントはベトナムに撒かれた枯葉剤を製造した企業としても有名なのですが、枯葉剤散布によって多くの影響がヒトにあったことは事実なのですよ。

 

うーん、農薬っていうか除草剤みたいなのが自然に優しいわけがないってのは直観的に分かるよな。

人体に対しても当然だけど良いわけがない。

いい加減なことは言えないけれど、やはり何かしら関係性があるんじゃないかと思えるんだけど・・・

 


 

除草剤の問題は氷山の一角?

これら上で述べてきた除草剤の影響というのは、人間にとって一番重要である食糧、ひいては健康的な生活とは何か? といった問題にまでつながる話なんですね。

 

ちょっと待って!

おっさん、それはちょっと飛躍しすぎなんじゃないの?

 

いえ、そんなことはありません。 あなたはベジタリアンとか、最近じゃ ヴィ―ガン って言葉、聞いたことあるでしょ?

 

なんというか、これらには 「原理主義者」 みたいなところがあって、ちょっと過激な感じもしますけど、ヴィ―ガンというのは行き過ぎた動物愛護精神から生まれた思想のようです。

僕のような「肉大好き人間」からすると、彼らは頭のおかしな連中に見えますw

つまり、何が言いたいかというと・・・

 

文化的で健康的、なおかつ清潔な生活を望むのは、みんな同じだけど、そのアプローチが人によって違う

 

自然であることが第一であると考える人は、環境破壊を憎み、動物の殺生を否定し、まるで原始時代の農耕民族のような生活を良しとする。

一方でテクノロジーを信奉する人は、現代的な生活を送りたいと望み、都市に住んで科学に依存する。

僕としてはその両方のいいとこどりをした生活を望むわけだけど(笑)たぶん、みんなそう思うはず。

要はバランスであり、いかにストレスの少ない社会環境をつくるか? ってとこなんだと思いますね。

 

うん、おっさん、ちょっと難しいことも言うんだな?(笑)

でも、こういうのってさ、結局は個人の主義、信条っていう話になっちゃうんでねーの?

ええ、そうだと思います。話はまた飛躍しますけどね、国会ってのもそういう縮図であるわけですから。

そういう議論に決着をつけるのが、科学的データに基づく知見なんですけどね。この間の某国みたいに統計ごまかされたら信頼もクソもないですが(笑)

んで、話を冒頭に戻すと(笑)

ラウンドアップで癌になったというのは本当なのか?

これは科学的裏付けがないと何とも言えない・・・となります。ただ相手が巨大企業ですからね・・・これが政治的な工作みたいな動きにつながるのですよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました