フラットアース? 地球は丸い形をしているんじゃなかったっけ?(笑)俺たちはだまされている!?

スポンサーリンク

じつは地球は球体ではなく平面である ← はぁ? 頭、大丈夫ですか?

世の中には奇妙な言説があります。その代表的な言説に「フラットアース」があります。

これは文字通り、地球は平面だという説です。そう、僕らがイメージする球体ではなくて、どこまで行っても真っ平な世界だという説です。

『フラットアース入門』 (下)

 

ああ、それ聞いたことあるけど・・

でも、なんでそういう「トンデモ論」を信じる人がいるんだろう?

おっさんもその仲間かよ?w

 

いや、僕は「地球球体支持者」です。

彼らフラットアース信者が言うには、「オレたちはみんなだまされてる」んだって。(笑)

 

だれが何の目的でそんな手のかかることをやるんだよ?

地球が平たい平面だということがバレると、何か困る理由があるのか?

そう、そこが問題(笑)

どうして、こんな壮大なウソを人類に刷り込まなければならないか?ここでいう「壮大なウソ」とは、地球が丸いことであって、フラット説のほうではありませんからねw

地球が丸いのはウソであって本当は平らである?! ← FALSE

地球が平らというのはウソ。本当は赤道部分がやや膨らんだ球体である ← TRUE

かなり端折って言うと・・・地球が丸いというのは、人間の神性を否定するための「仕組まれた壮大なウソ」ということらしい(笑)それも大昔から。

つまり、言い換えると「進化論」と同じで、「人間は特別な存在ではなく、偶然に惑星上に発生した」 だから、地球という惑星は、宇宙の他にある惑星と同じで、条件さえ整えば生命は発生し得る。そこに神の存在は必要ない・・・

と、こういう考えのもとで、大昔から賢者や哲人たちが天空の成り立ちから、森羅万象にいたるすべての現象についていろんな理屈を考えて、我々にウソの世界を教えてきた・・・というのがフラットアースを唱えるひとたちの主張なのです。

なんか書いていて、頭がクラクラして混乱してきましたが(笑)

そもそも本当に地球はいったいどんな形をしているのか?

常識的な見地から書くと、実際に大気圏を超えて宇宙空間から地球を観察した人類は非常に数少ないです。ほんとに限られた人たちしか地球を見ていません。

しかし彼らは地球の写真も撮影しており、公開された写真は誰もが観ることができ、そのおかげで誰ひとりとして「地球は平たい」などという人はいません。一部を除いては。

ただ、先にも書いた通り、これは実際にすべての人が直接観察した結果ではなくて、間接的に「地球ってのは丸いんだな」と認識しているだけです。

というわけで、フラットアース支持者たちは、「おまえたちは地球が丸いとだまされている」というわけです。

僕自身の直観でいえば、たとえば海岸に行って水平線を見るとします。いや、実際に観察したことは何度もあるのですが、やっぱり「水平線が曲がって見える」んです。

視界いっぱいにさえぎるモノがない水平線っていうのは、ほんとうに曲がって(弧を描いて)見えるのですよ。

地球というか、今、自分自身が立っている地表が本当は球体であり、真反対に立っている人が逆さまに立っているという状態を想像するのは難しいことですが、これはやっぱり真実ではないかと思うのですよ。

逆に地球がフラットであるとすると、いろんな説明が付かないような気がしますw 地球は丸いんですよ(笑)

 


 

しかし世の中には奇妙なことを考える人たちがいますねw

 

 

上の写真に見える「地球の姿」 これをねつ造されたもの、幻想の写真だというのだろうか?

タイトルとURLをコピーしました