張陽 (ちょうよう)Zhang Yang ← この人 気になるなぁ・・知ってる人は知ってるでしょ? (笑)

スポンサーリンク

アメリカ大統領選と異星人 そして「世界で毎年起こる子供の行方不明事件」・・これらはいったい何の関係がある?

さて、関心がない方にはさっぱり訳の分からない今回の記事。なにをどこから話せばいいのか? ちょっと困惑してしまう話です。

宇宙人とかUFO、あるいはエイリアンとか・・あとですね、アドレノクロム とか書くと、この日本では「オカルト思想にアタマが持ってかれたヤツ」として片付けられてしまうわけですがw

まあ、僕の感触ではですね・・世界的にみればオカルトでもなんでもなく、ごく普通の人々の関心ごととして、まじめに取り上げてもよい話題ではないかと思うのですね。

アメリカの事例でいいますと、ディスクロージャーというんでしょうか、まあ、情報開示ですね。そういうのを国民が政府に求める動きが以前から強くあると思うんですよ。

かのロズウェル事件も有名ですし、それに伴う「異星人との交渉」とかね、あとケネディ暗殺事件とか、とにかく謎に包まれた事件っていうのがたくさんあって、一言でいうなら・・

 

世界には隠された真実がいっぱいあって、それは大多数の国民には知らされておらず、僕たちは知らない間に「偽情報」によって誘導されている

ということ。

まあ、こんなことを書くと・・

「騙されてるのはお前の方だ!」

「世の中には陰謀なんてのはない、目を覚ませ!」

などと、まるで見下すように言われるんですけどね (笑)

とまあくだらない話は置いといて、タイトルに挙げた方がいったいどういう人か? 以下に簡単に書きます。

張陽さんは北京大学を卒業してから、博士号取得のために東北大学にやってきて、初めて「武士道」に感化され、日本に帰化しました。
いまは、東北大学情報科学研究科の助教で、専門は応用経済学です。

張 陽

北京大学生の時に、「天安門事件」 が起こり、その時に仲間の死体も片付けたことがあるそうです。

張陽さんが語るアメリカ大統領選についての話・・これは本当に興味深い

さあ、ここでなぜ僕が彼に興味を持ったか? その直接的理由である動画をリンクしておきましょう。

かなり話がぶっ飛んでますが、続きが気になりますねぇw

世界はいったい誰に支配されているのでしょうか? あるいは 「誰に支配されようとしているのか?」

追記 世界的に見て「陰謀論」ってどうなの? という疑問

さて、ちょっと視点を変えてですね・・・いわゆる陰謀論として垂れ流されてるこれらの情報って実際のところはどうなの? って話をしてみたい。

まずは日本国内。

これは主だったニュースメディアにおいてはほぼ「気狂い扱い」されてますねw まあ、つまりは「アホやバカどもがぬかす戯言」というわけだ。(笑)

んで、メディアでまじめに取り上げることはほぼナシであり、取り上げたとしても「なぜコイツラは頭のおかしなことを拡散してるんだ?」というようなスタンスなわけですw

福岡で行われた「謎のトランプ応援デモ」なども「気が狂った集団行動」として冷ややかに「お笑いニュース」として取り上げたりねw

とにかく主要メディアにおいては「現状の流れ」・・(新型コロナウイルス情報やアメリカ大統領選など)というのはいたって正常であり、狂ってるのは陰謀論者だけという・・

まあ、これも仕方のないことではあるけれども。なぜ仕方がないことなのかというと・・それは司法の現場で「取り合ってもらえなかった」からですが・・・

これは本当に正常なのか? みんなメディアに騙されていない?

まあ状況はアメリカでも同じようなのでね・・

 

もしも司法まで陰謀に巻き込まれていたとしたら、いったいどうやって正義を担保すればいいのか? 現代社会は法がすべて。その信頼が崩れたら・・もうなす術がないです。

追記 アメリカの司法はすでに終わってる・・

以下、最新の張陽さんの動画を至急見て欲しい。トランプサイドが訴えた訴訟がすべて却下されたという事実について「たとえ話」を用いて、その意味を解説されています。

すでにYOUTUBE規約によって削除されている動画もありますので興味があればすぐに見て欲しいですね。

アメリカの三権分立が陥落【第117回】

やっぱり 奴ら(何と表現していいか分からない勢力)は、本気で消しに来ているようです。

こういったことは本当に「意識していないとわからない」ので、注意深く観察してみるといい。意識の向け方、そして自分の認識を変えることによってマジで世界の見え方が変わると思いますよ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました