ダブルストップとは? ギターにおけるダブルストップ奏法

スポンサーリンク

ダブルストップってなんなの?

あーそれ。

ウィキでは重音奏法って説明があるわね。

ふーん、意味は分かるんだけど

なにか実例というかサンプルが欲しいなぁ。

 

 

 

あー、それだったらジミヘンドリックスの演奏なんかがいいかも。

え? あのジミヘン?

ジミヘンドリックスってロックギタリストでしょ?

なんで重音奏法と関係があるの?

 

そうね、それはジミヘンのコードの弾き方と関係があるかもね。

 

ジミヘンドリックスのコードの弾き方とダブルストップ奏法との関係

かなりマニアックな内容となりますが、ギター奏法の一つに ダブルストップ というものがあります。

簡単に説明すると、「メロディの一部を復弦でハモらせて弾くこと」 です。

当然ですが、ハモらすには和音になっていないと綺麗には聴こえません。とりあえず 2声でのハモリでもコードスケールからはずれた音を使うと調子っぱずれの音になります。

いちいちどの音をハモらすのか考えながら弾くこともあるのですが、一番手っ取り早いのは、

最初からコードを押さえてメロディのように弾くというやり方です。

スケールのように1音ずつ弾かなくても基本的ローコードだけでメロディックに表現することはできる

どういうことか説明しますと

ジミヘンドリックスは基本的にローコードの押さえ方だけで曲を弾くことが多いです。

ジミヘンサウンドはペンタトニックフィンガリングおよびペンタトニックフレーズが基本のような気もするのですが、実はローコードフォームを使ったサウンドが基本ではないかと僕は考えています。

 

言葉で説明するのはなかなか難しいのですが、よくあるフォークソングのギターでのバッキングを考えてみましょう。

通常の場合、カポタストをして簡単なオープンボイシングのコードフォームを弾きますよね?

その時にはすべての音が協和音であり、変化をつけるためにハンマリングをしたり、プリングオフをしたり、余っている指で音を付け加えたりします。

んで、同時に六本弦の他の音を鳴らしてもきれいに協和したコードサウンドに聴こえます。基本的三和音構成に最初からなっているので当然ですよね。

ジミヘンドリックスの場合は、このカポタストの代わりである人差し指のバレーは使わず、ネックを握りしめるグリップ型で押さえることが多いかと思われます。

基本的ローコードの省略形であるフォームを使ってメロディの音を弾くのと同時に、その他の弦も同時に鳴らしていくことによって独特のサウンドを作っています。

これが音を重ねるという意味での 重音奏法、ダブルストップ というわけです。

 

参考音源

 

本当はジミヘン本人のオリジナルがいいんだけど、肝心のネック側があんまり撮れていなくて(笑)

でも、この教則動画、よくできてると思います、サウンドもまんまジミヘンだ。

余談だけど、ジミヘンドリックスはライブ中によくチューニングをします。激しいアーミングとかするのでしょうがないのですけど。

んで音を出して耳で聴いて合わせるわけ。当時はチューニングマシーンなんかなかったので仕方ありませんが、この時に ローコードの C を弾くんですね。

これ、弾く人によってかなり好みがあります。

まあジミヘンにとっては C のサウンドが好きだったようです。

トライアド(基本的三和音)の展開フォームを頭に叩き込め!!

トライアドの展開フォームってなんっすか?

トライアドの展開フォームとは、Ⅰ、Ⅲ、Ⅴ というように積まれてる和音の順番を入れ替えること。C△(Cトライアドの意)なら、C、E、G だから、ルートは当然 C になる。

これを3度の E やら、5度の G をルートにしたりする。

そういうふうにフィンガーボードを眺めると、5弦ルートの解放弦を含んだ基本的Cコードフォームが、どんどん変形して、上の方(ハイポジション側)に移動していけることが分かる。

結局、押さえられるポジションすべてで C△を表現することができる。頭にインプットされてるコードフォームを部分的に分割して展開していくことによって、ほぼどんなポジションにおいても同じコードネームで表されるコードサウンドを表現できる。

この練習は  ボイスリーディング(和声を滑らかにつないでいく技術)   にも有効だし、このセクションのテーマである、ダブルストップ奏法にも、もちろん有効だ。

言ってる意味がイマイチよくわかんねーんだけどな。。

ぶっちゃけ言うと、同じコードネームの押さえ方をたくさん知ってるということだ!!

ギターが上手い人っていうのは、コードについてもよく知っている。当然ながらテンションを含んだコードスケールの知識ももちろんあるけれども、より難易度が高いのは、ハーモナイズしながらメロディのようにコードをつなげていく弾き方だ。

シングルノートで速く弾くだけがすべてじゃない。

僕的にはスケール練習よりも、基本的トライアドコードの展開系フォームを練習することをすすめします。使う弦を制限(省略形という意味で)すれば、本当にたくさんの押さえ方があることに驚くと思います。

 

ジミヘンドリックススタイルのギターというのは、上に述べたように、たくさんのコードフォームを使ってダブルストップを織り交ぜながら、メロディックラインを作っているところにある。

 


 

以上、基本的なコードフォームからメロディックな流れを作る方法について書きました。

通常、コードとかハモリ、ハーモナイズというのは下から作る、すなわち上に向かって積み重ねるという考え方をします。

これは間違いではありませんが、発想をもう少し柔軟にすれば、上から下に向かって重ねるということも可能。

普通、一番高い位置にある音というのは、どうしてもメロディのように聴こえてきます。

このメロディのように聴こえる音、つまり旋律として認識されている音の流れを変えることなしにダブルストップとするためには下のほうに音を重ねないといけません。

つまり、ルートというか最低音とトップノートとの間にもうひとつ音を重ねて、コードサウンドに彩を添えることがダブルストップ奏法の持つ意味だろうと考えます。

応用編としては、ペダルポイント的用法があります。トップノートを固定しつつ、それより低い音域でメロディックラインを弾くというやり方。

ギターは単音楽器じゃなくてコード楽器だからいろんな弾き方ができます。

長々と述べてきたダブルストップについては、多くのギタリストは無意識に弾いてると思われる例がたくさんあります。

特にロックジャンルでは非常に顕著ではないかな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました