clew

気になるモノ 気になる人 気になる言葉

*

アフィリエイト 思考と実践 4 コンテンツプランを考える

      2016/02/10

キーワードと需要からサイト設計について考えたこと

 

アフィリエイト 思考と実践シリーズ を、あわせて3回書いてきました。しかしまだ頭の中が整理できていない状態です。ジャンル選定の下準備で足踏みしている状況ですね。今回はそれらを一旦整理するつもりでまとめてみます。

過去記事は右サイドメニュー アフィリエイト からチェックしてみてください。

キーワードと需要

最近 はてぶ においてもホッテントリした記事・・たしかキーワードプランナーを使い出したら雑記ブログのアクセスが上がってきたとかいう記事がありましたが・・

たしかに考えてみればその通りで、たまたま好き勝手に書いた記事が多くの読者の興味をひきつければいいんだけど、それよりも確実なのは 需要調査 をしたうえで、しかもキーワードを意識して書くことによって 長く、そして多くの人に読んでもらえる記事になる可能性が高まります。

雑記ブログは楽しいが・・

雑記ブログってのは、そのつど書くテーマが変わります。わたしのこのブログも雑記ブログであり、おおよそ興味のあるカテゴリーは分けてはあるけれども、「一体全体 このブログはなんなの?」 という感じを持つことだろうと思います。

私自身は ”自分自身のブランディング” のつもりでやっていたわけなんですが、とんでもない勘違い野郎ですね。

ひょっとして単発でヒットする記事が生まれる可能性はあるだろうけど、全体としてみればすごく弱い。離脱率も高くて、興味を惹かれた記事だけを見てさっさと他のところに行ってしまいます。ブログの回遊率、滞在率もぜんぜん違います。

これはアクセス解析で、”テーマがきっちりあるブログ” と比較してみるとよくわかります。

読み手需要を意識しなければ独りよがりである

まあ以上述べたことは基本中の基本なのですが、ブログであれサイトであれ、キーワード需要を意識しつつちゃんと記事を書くことができてるかどうか?

アフィリエイトじゃなくても、せっかく書いたものを読んで欲しいなら、そこを意識しなくちゃダメなんじゃないか?ということですね。

だれに、どんなことを 分かって欲しいのか? どんなことを伝えたいのか? そしてその伝えたい事を欲している人がどれくらいいるのか?

どんな言葉を使えば伝わるのか?興味を持ってもらえるのか?

これらをすっきりと一本の線でつなぐこと。ここら辺がすっきりしてないんですね。自分の文章力、構成力が不足しているのは自覚してるんだけど。


 

読み手需要と書き手をつなぐのはキーワードであることは明白

さてオーガニック検索 自然検索ですね。これでヒットするのはすべて個別ページだと思うのですが間違ってますか?

トップページしか表示されない・・なんてことはなかったと思います。つまりはブログ記事であれ、がっつり作られた大きなサイトの個別記事であれ検索に対する優位度はおなじじゃないか?

これは間違った認識かもしれません。しかし現実には特定のキーワードで雑記ブログの記事が検索上位に普通に入ってきます。ここに読み手需要にドンピシャなASPの広告があれば 誘導できる確率はすごく高くなると思うのです。

つまり アフィリエイト事業 を推進するにあたって あらかじめテーマを決めてがっつりデカいサイト作りのプランを考える必要はないのではないかと。

このコンセプトを違う表現ですると ”ペラサイト” という言葉が浮かんできました。

雑記ブログとはぺラサイトの集合ではないか?

考えながら記事にしているので話があちこちぶれてますが・・

雑記ブログとは自分自身の興味をサイトテーマとして、つまりはぺらサイトを書き続けている。アフィリエイトをする前提での表現ですが。

そのぺらサイトのテーマは文字通り記事タイトルであり、目次は関連ワードによるカテゴリーであり、その下に個別記事が書かれていると見ることができます。

そしてその ぺらサイト が置かれたブログ全体のタイトル・・つまりはキーワードと、その記事の関連は薄いか もしくはまったく関係ない。

逆に専門性の高いブログは、がっつり系サイト とおなじ感覚で、一番上位のキーワードであるブログタイトルと下位の記事ワードが関連ワードで一本の線でつながってるイメージがあります。

問題はサイトタイトルへの認識にあり

僕の疑問の ”もやもや” は、この ”タイトル” にありますね。検索上位に食い込むためにはタイトルにキーワードを含めなくてはいけないという掟のような縛り。。

ブログの個別記事タイトルでピンポイントで検索ヒットしてくれるなら極端な話・・サイトタイトルはなんでもいいんじゃないか?

特定のキーワードで検索順位を上げるのは ”個別記事の順位” でいいのではないか?

ブログ全体で設定したキーワードに固執する必要はないのではないか?

つまりは ”一本の記事” に全神経を集中させて 質の高いものを書き上げることこそ ブログ全体の価値を高めることにつながるのではないか?

つぎに この考え方のデメリット?というか間違いかもしれないことを考えます。

ブログ記事のぺらサイト化のマイナス面とは?

いずれも僕の推察ですが・・

検索エンジンからの評価は高くはならない。おなじようなレベルの記事ならサイトの全体構成の優れている記事のほうが高評価を得られるはず。

サイト全体でみた離脱率や回遊率が極端に悪く、これらの数値を検索エンジンが比較しているとするならば当然評価は下がるだろう。

サイトテーマに一貫性がないことや、個別記事の関連性が低いことはユーザーの利便性に反することなので当然失格。

テーマやターゲット別にサイトなりブログを運営するのが正解なんだと思うけど

それには手間がかかる。お金もかかるかも。そしてヴォリュームをだすのが大変。圧倒的に作業量が多くなり、無理っぽいかもしれん。

今日はここまで。

 

 

 

 - アフィリエイト, 思考と実践