clew

気になるモノ 気になる人 気になる言葉

*

アフィリエイト 思考と実践 3 ジャンル選定のための下準備

   

アフィリエイトの肝はジャンル選定なのか?

毎日 1ミリでも前進することを信条に、念入りに下準備を進めます。”やってはぶっ壊し、すべて中途半端” という状況になるのは目に見えてますから。

このページでは情報収集によって得たひとつの ”まとめ” を書き残したい。それは単純な作業工程のようなものです。ブログであれサイトであっても基本はおなじだと感じます。

自分の ”主義 主張” など だれも興味はないのだ

自分が書きたいことを思うように書くということはほんとに楽なことです。もうどうでもいいんだからね。読み手のことも考えずに書けばアクセスがないことはよく承知してます。

なぜなら、そこには読者が何を望んで自分のページに来てくれたか?答えが何もないからです。こんな単純なことは随分まえから知っていたけれど、これが徹底的に実践できていませんでした。

検索需要を知ること そこからすべてが始まるのではないか?

だれがどんなことに興味をもってどんなページを見ているのか?

これを知ることによって初めてアフィリエイトのスタートに立つことができる。そう思います。やみくもに記事を書いたって無駄、むだ、ムダ。。簡単に以下にまとめ。

 

  • 記事ジャンル カテゴリー を明確にする。
  • タイトル(h1) には、必ずキーワードを含める
  • 記事内容 に無関係なことを書かない。
  • 内容にマッチした広告 を必ず入れる。
  • すべてのキーワードを関連のあるものに統一する。

簡単な作業工程

1、まず書きたい記事の発想 その前にある程度インプットが必要。

2、記事発想のトップに来るコアキーワードを抜き出す。

3、コアキーワード (記事の核になるワード)のリサーチをする。

4、検索需要が見込めるなら作業続行、なければ記事発想に戻る。

5、関連のある広告を探す。

記事の発想にはインプットが必要です。

自分のお気に入りのソースを巡回して目に留まったものをピックアップしていきます。そして気になった記事からキーワードを抜き出しリサーチします。

出てきた関連ワードとともに検索。最低検索トップ1ページ分すべてに目を通し ”読み手の需要” について考察します。

ここで、その ”読み手需要” についてどんな ”答え” を提供できるか? 考えます。

  • 自分には、その記事を書ける 実力 知識 はあるか?
  • なければ必要なものは何か?

この段階で ”書ける!” となれば行きます。

すぐに結果が出るわけないのはよく知っている

これはあくまで練習です。たとえそれが結果につながらなくてもいいんです。私はアフィリエイト初心者じゃないからよく知っている。

そんな甘い世界じゃないことを。

まとめ

ジャンル選定はまだ先です。ここだけは慎重にやらなければ同じことの繰り返しになる。

継続できることが重要だと考えるからです。同時にマネタイズの容易さというのも考えなければなりません。良い広告案件と巡り合うという意味で。

このブログも叩き台のひとつなので、ここで展開しつつ考えを深めていきます。

 - アフィリエイト, 思考と実践