clew

気になるモノ 気になる人 気になる言葉

*

ワクワクする話を書こう。といっても個人的な嗜好の話です。

   

人類の起源 それから 人工知能 が好き

たまには、こういう個人的な話もいいんじゃないかと。

だって僕のブログだもの。なに書いたっていいんです。

人類の起源

僕は学校で習う普通の認識・・・つまり猿から進化した人類なんて信用していません。

人類は最初っから人類だったんです。根拠なんてありません。

あったとしても僕にはそれを証明できる力、才能がない。もう直観です。直感ではありません。漢字をよく見てください。

直観とは

知識の持ち主が熟知している知の領域で持つ、

推論など論理操作を差し挾まない直接的かつ即時的な認識の形式

直観から人類は最初っから人類だった。

ただ文明形態、つまり表象(外界)を認識する仕方(認知)は、現在の認識からは、まったく想像もつかないものだった可能性は高いです。

神々の指紋を覚えているだろうか?

僕は ”トンデモ本” が大好きです。

グラハムハンコック の ”神々の指紋” 僕が好きな本のひとつですね。

ボロクソに言われることのある本ですが、僕には真理が隠されていると感じます。とにかく読んでいてワクワクするんですね。

一般的な認識とは、ずいぶん ”ずれてる” 感じのする本。だけど刺激的です。とくに南極にしびれる。

”何言ってんだかよく分からない方” には是非おすすめしたい本です。

どっかのゼネコン、南極掘削計画を本気で考えてくれないかな?

ゼネコンの いわゆる ”バベルの塔” みたいな計画もそうとうに面白い計画だとは思います。

でもね・・南極の氷床の下には、”とんでもない発見” があるかもしれません。南極大陸には、大きな川があります。

文明が河口において発展した事実、知見から南極大陸も例外ではありません。

もしも地球歴史の観点から、南極大陸の気候が長期に渡って温暖だったら・・・

おそらく大河の河口付近には文明が芽生えていた。

だから調べてみる価値はあるんです。

技術的に困難・・とか、金が掛かりすぎて経済的に割に合わない・・とかいろいろあるでしょう。

でも僕は ”やってみたい” んだな。すげー興味あるのよね。

理屈なんかないんです。

ただただ ”知りたい” それだけです。もうホント 好奇心 しかありません。

「ビジネスだー」 とか、「世界経済はー」とか・・ぜんぜん面白くない。。なぜかワクワクしません。

もう一回、子供みたいにはしゃぎたい。

好奇心って、すべての原動力だと感じます。目的なんてどうでもいいんです。欲望のおもむくままに進めば人生なんて充実するんだと思います。道徳的範囲を守ることはいうまでもありませんが。

 


 

 

あーすっきりした。

吐き出すと気持ちが楽になりますねー。

以上、どうでもいい話でした。

では。

 

 - ブログ