clew

気になるモノ 気になる人 気になる言葉

*

第722回トトくじ 13枠勝敗予想。テスト1回目 得失点パターンのみでの予測。

      2014/09/19

チーム名を使わずに数値のみで予測する

第722回トトくじの予想です。

今回はスタジアム名とかチーム名をいっさい使わずに、得失点パターンのゴール数、および失点数を説明変数として機械予測してみました。結果は以下です。

 

722予想

表の説明

いちばん右側が予想結果です。チーム名やスタジアムとの混合パターンも試したのですが、マルチが増えてもしょうがないので削除しました。

注意点

今回、使用したアルゴリズムはひとつだけです。

Multi-layer perceptron

もう、おなじみのヤツ。これを初期設定のまま使用。

いろいろ試せるのですが、比較データがないため1種類のみとしました。

試した後で思ったこと

得失点パターンの数値化について

 

使う属性群はパーセント数値のほうが良いかもしれない。

理由は ゴール数、失点数では累積していくと比較ができない。→ 関係性を比率としてみることが困難。

パーセントを数値属性としておけば、累積データとなっても、ゴール数と失点の関係性は比率で保たれる。

支持率との比較

トト公式サイトでざっと支持率をチェックしてみました。

その結果、かなり違う予想が出力されていると感じます。すこし不安はあるんですが、順当結果なんて4枠ぐらいしかないときも結構あります。

これまでの機械的予測での経験では ”順当予想、支持率に沿う形での予想” が非常に多く、

予想外の結果を出力させるにはどうすればいいのか?といった問題がありました。

もしかして、この手法が突破口を開いてくれるかもしれません。

うすく期待して結果を待ちたいと思います。

おわり。

 


 

 

2014,9.19  追記

パーセントの数値で同じ条件で予測させてみました。

722追記

ピンクカラーが変化した枠です。

属性を ”実際のゴール数、失点” から ”占める割合” に変えただけでけっこう変わるものですね。

んー、もう少しさかのぼってバックテストできたらいいのですが、これだけでは判断できません。

現状ではこんな感じです。

おわり。

 

 - トト予想