clew

気になるモノ 気になる人 気になる言葉

*

テレビ ネット ウェブ スマホ なんでテレビみないの?

   

テレビ 新聞 はネットに置き換わったのか?

少しまえに、”人気社会派ブロガー ちきりん” が日常的に ”テレビを見ること” をブログに書いていました。僕はあんまりというか、ほとんど見ることがないので逆におどろいてしまいました。

 

テレビを見ない人がいるなんてびっくり - Chikirinの日記テレビを見ない人がいるなんてびっくり – Chikirinの日記

ちきりんは周りがテレビをあんまり見ない人が結構いることについて 「おどろいて」いたようです。彼女は”TV見ない派”について 「知的ビームを発射しているようだ」と表現していました。

おもしろいですね。見る派と見ない派・・それぞれ理由みたいなものはあるんだろうけど、僕なりに考えた事を書いてみます。

テレビ見ない派にもいろいろいる。

僕自身はニュース以外はほとんど見なくなってしまいました。自分でも理由はわからないんですが、パソコン見てるほうが楽しいです。

テレビは意識してチャンネルを変えることもできますし、ボーっとして完全に受動的に垂れ流される情報を浴び続けることもできます。

僕は、この後者の ”受動的に情報を浴び続ける” のがたまらなくイヤで、つけっぱなし状態のテレビがあるとすぐに消します。決してまったく見ないわけではなくて、自分で情報を選びたいんですね。だからパソコンの方がいいんです。

パソコンは自動で動きませんから、能動的道具ですよね。テレビは能動的でもあり、受動的でもある。ただし能動的特性であってもスイッチをいれれば、たちまち情報が流れ出します。

もういっぽうの ”嫌TV派” は、完全にテレビを見ないようです。そもそも家にテレビがなくて、「まったく困らないから」 という理由らしいです。たしかにテレビなくてもスマホでニュースチェックぐらいできるし、動画も見れるからね。まったく納得します。

一度、習慣みたいになってテレビ見なくなるとホントに見ないです。見たいと思わなくなるんですね。なんにも気にならなくなります。

知的ビームって言いますが、そんな感情、意識したことないですよ。「テレビなんて・・・」と、言われた方は嫌な気分になるかもしれないけれど、言ったほうは ”本当に見ないんだからしょうがねーよ” ってな気分になるんです。

”テレビ番組 コンテンツ” はすばらしいものがある。これは本当だ。

具体例を出せといわれると、ちょっと困ってしまうのですが、テレビには良いものがありますね。僕が好きなのは 自然、動物、宇宙、など。フィクションよりドキュメンタリーが好み。

映像で魅せてくれるものになりますね。

こういうのはネットでもみれますがテレビの方がしっくりきます。ニュースもいいのですが、ニュースを伝えることはテレビだけが持つ特性ではなくなりました。

お金をかけて丹念に作成されたコンテンツはやっぱりテレビの方が上です。コンテンツ製作者が会議を重ね、作り出した企画、映像などは値打ちがありますよ。

ちきりんは、ユーザーの生活スタイルに応じたテレビの見方、使い方を述べているだけで ”なんでもかんでもテレビ” という考えでないことはよく理解できます。

テレビコンテンツを小さな四角い画面の パソコン スマホ に落とし込むこと

ちょっとうまい表現が思い付かないのですが、テレビからアイデアを得たようなコンテンツがウェブにはあります。あきらかに ”アイデアを落とし込んでいるかのような” ブログ、サイト、その他たくさんすぎる記事・・・

”食べ系” ”旅行系” ”温泉系” ”ファッション系” ”買い物系” ”美容系” などなど。

まあ生活全般すべてにおいてあります。もちろん知識系も、雑談系バラエティなども。

ただ ”見せ方” についてはぜんぜん違います。

ふつうテレビは時系列にそって初めから終わりまで見るけれども、パソコン スマホ などは ランダムにコンテンツにアクセスできますね。瞬間だけ切り取って見れる。ここが違うところでしょうか。

今ではテレビコンテンツをデジタルコピーできるようですから、見たい箇所だけを見ることは可能になりました。アナログテープの時代はもう終わってますから。好きなとこだけ切り取って編集できるもんね。音楽コンテンツも同じ。

新聞だけは完全に終わってると思います。ウェブで表現できない新聞コンテンツってあるのでしょうか?速報性は完全にアウトだし、ちょっと思いつきません。

結論

テレビはやっぱり見るべき。テレビを意識的に見る。

ダラ見じゃなくて、能動的に利用しましょう。ちょっと考えを改めないとダメかもな。

追記 本はどうなの?

ちょっと気になる記事

 

電子書籍より紙の本で読んだほうが、内容をよく記憶できる:研究結果 | ライフハッカー[日本版]電子書籍より紙の本で読んだほうが、内容をよく記憶できる:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

けっこうブクマされてて関心も高いようです。

僕自身は持っていた大量?の本を大事なもの以外はすべて処分しました。邪魔だからです。

重いし、かさばるし、いちいち参照するのも大変。なので思い切って廃品回収に出してしまいました。

ネット記事として書評があることの不思議

まえから疑問に思ってたことがあります。

それは書評記事。ウェブでなんで本を紹介するんでしょうかね?

小遣い稼ぎなのかもしれないし、価値あるものを知ってほしいという思いからかもしれない。

だけど本は邪魔なんです。邪魔。値段も高いし、基本的に無料ではない。

ウェブ本があるのは知っている。

著作権が切れたものの一部は無料でウェブで読めるものがありますね。青空文庫?だっけな。そういうとこもある。

だけどやっぱり本は絶滅しないですね、たぶん。なんでやろ?

本の方がウェブコンテンツより質が上ってのは ”間違ってる” と思います。クソな本はクソ。

んで、記事内容。

紙のほうがアタマに残る・・・んーどうでしょうか。それはウソだわ。そんなことはない。

エバーノートでしたっけ、ああいうサービスでメモとってもアタマに入ると思いますけどね。

ウェブでテキスト読みながらメモとって、自分で内容を編集しつつまとめる。これでいいんじゃないかと思うけど違いがあるのか?

僕はこの記事、信用しない。

 

 

 

 - ブログ, 気になるモノ, 気になる人, 気になる言葉