clew

気になるモノ 気になる人 気になる言葉

*

斉藤貴義 ふたたび。 価値観を認め合うのは不可能だ!!

   

元ネタ記事はこちら。

 

「facebookってどんなサービスですか?」「グルメガイドです」 - はてな村定点観測所「facebookってどんなサービスですか?」「グルメガイドです」 – はてな村定点観測所

ウンコを塗りあう価値観など認められるかーっ!!

のっけから 目を背けたくなるタイトルだ。

僕は過去記事にて斉藤君について一個だけ記事を書いたことがあるよ。

彼はアタマ良くてブログも有名だしファンもたくさんいるし、IT業界にも詳しいし、興味の分野も広いし有能な人材であることも認めるよ。

だけど・・・

匿名文化の人も実名で情報発信することを「晒す」とか呼ぶのではなくて価値観を認め合うことが大事

これは絶対に不可能なことであると思います。

僕には言葉が矛盾しているように感じる。

正しくは価値観を認め合うではなくて、価値観の存在を認める、共存のほうが適切ではないか?

実名だと書けないことがある、その理由。

それは ”恥” だと本人が考えているからです。自分の倫理観にてらして ”これは恥ずかしいことだ、書いちゃイケナイコト” と認識してるから。だから実名で書けない。

本人としては価値は確かに感じているが、他の人の価値観にてらして考えてみると ”絶対、受け入れてもらえない” というように考えているから実名で書けないのだと思います。

もうひとつは ”他人の評価” これがコワい、実生活に直接影響するから書けない。

ネット文化が成熟すれば・・とか、そういう文脈では語れませんって。成熟ってどういう状態なんだよ?僕にはイメージできないし分からない。仮に成熟したという状態になっても実名では書きませんよ。きっと。

すでにニッポンもネット文化は ”ひどく成熟している” ように感じるわ。

斉藤君は そこのところを 「もっと認め合いましょう、認め合えれば実名でいいでしょう?」というように解釈しているようです。僕にはそう解釈できる。

もうひとつ

有害規制に多元的な価値観を認め合うことが大事

これにも僕は反応する。

有害コンテンツは大勢の人が ”道徳的ではない” と判断するから規制するのであって、そこに多元的価値観などない。あるとしたら 精神異常者、サイコパス、性的倒錯者など病的な嗜好がある者の価値観であり、もうすこしマシな言葉ならマイノリティの価値観といえる。こんな流れで多元的に価値観を認めることになると ”何でもアリ” の世界になる。

カオス、混沌、無政府、アナーキー、無秩序、その他 ありとあらゆるマイナスイメージの言葉。有害コンテンツの多元的価値観という観点から ”プラスイメージをもった言葉” を引き出すことは、僕にとってはかなりむずかしいです。

いったいどんな価値観なんだ?

斉藤貴義は恥だと思わないならダークな話題をもっと書きなさい

はい、これが結論です。

実名で恥ずかしくないなら、これまでどおり ”書きたいことをズバズバ書いてください”

僕は 共存はできるけど ”キライな価値観” を認めることはできません。

おわり。

 

 - ブログ, 気になる言葉