音楽について語る

スポンサーリンク
音楽について語る

小学生の時に聴いていたポップスの思い出 

音楽の原体験って、歳をとったあとでもけっこう尾を引いてるのを自覚するときってあるよね? たとえば「やっぱりオレはこういうのが好きだったんだよなぁ」とか? ...
音楽について語る

アーティキュレーションをコピーするのは本当に苦手だ。音楽フレーズのコピーの考え方

アーティキュレーションってそもそも何なの? アーティキュレーション(articulation)とは、音楽の演奏技法において、音の形を整え、音と音のつながりに様々な強弱や表情をつけることで旋律など...
音楽について語る

音楽と人工知能 機械学習による作曲

良い音楽とは何か? ミュージシャンは永遠にこの問いについて考えていかなきゃいけないんだろうと思う あなたが作曲するなら絶対に逃れられない問い、それは 「良い音楽とはなにか?」 だろうと思います。 売れる売れないだの、コマーシャルだと...
音楽について語る

音楽とビジネス ミュージシャンに必要なもの それはビジネス感覚だ!!

なんで音楽やるのにビジネス感覚が必要なの? 僕も一応 音楽で身を立てようと思っていた人種だからね。東京で有名なジャズスクールに通ってギターや音楽について学んだんだよ。簡単に言っちゃえば「どうやって音楽で...
音楽について語る

レッドツェッペリンのカシミール 楽曲分析 

レッドツェッペリンのカシミールってなんなのさ? はい、おもに1970年代に活躍した世界的ロックバンド、LED ZEPPELIN の楽曲のひとつですよ。 それがどうしたっていうの...
ギター

自己プロデュース能力、セルフブランディング能力の高いギタリストたち

ギター演奏能力と自己プロデュースについて 最近は音楽そのものよりも、それをどうやって聴かせるか? あるいは 魅せるか? という方面に興味があります。それは決して音楽への思いが薄れたということではなくって、音楽を続けるうえでの目的といいます...
音楽について語る

バルトークが聴けない! なぜなんだろう? と考えていたら同じような人がたくさんいるんだね。

バルトーク弦楽四重奏曲 こんなものをなぜ書こうと思ったのか? はい、バルトーク弦楽四重奏曲というのは即興演奏で行われたものではなく、ちゃんと楽譜がありますね。考えながら書いたのは間違いない。先日、楽譜を目で追いながら長いこと聴いてみたので...
音楽について語る

パッヘルベル作曲 「カノン」 強烈な違和感を覚える音

このC音が気になるのは僕だけか? いや、そんなことはないと思う。 一般的にいって、パッヘルベル作曲 「カノン」 は、すごく人気のある曲で、たとえばロックギターが好きな人も カノンロック などで聴いてる、あるいは自分でもギンギンに弾いてる人...
音楽について語る

ギターでピアノのようにバッハを弾きたい。G線上のアリア 良い曲だ。

6本の弦と4本の指で変則チューニングを使わずに、できるだけ原曲のサウンドを損なわずにオーケストレーションしてみる。 僕はピアノが弾けません。というか やらない。ちょこっと触ったりするけれど、まともに練習したこともないし、その気もないです。...
音楽について語る

日野皓正氏が中学生のガキをぶん殴ったのは悪くない。ジャズの即興性とルールを守ることを混同しちゃいけない。

ルールを守らないガキに社会のルールを教えて何が悪いのさ? 今回の事件。 バンド演奏中に、約束事を守らずに突っ走ったガキを、聴衆の面前で講師の大人がぶん殴るという、そういう出来事。 おそらく打ち合わせでは、ちゃんとソロパートの長...
音楽について語る

バッハ フーガの技法 何度聴いても分からない。バッハが見えていたもの。

音楽の構造 不思議なフーガ なぜこんな構造なんだろう? 世間では森友問題や野球などで盛り上がってますが、僕はひたすらバッハを聴いています。最近は好きだったパットメセニーとか、ウェスモンゴメリーとか、そういったジャズ系や、あるいはラベルとか...
ギター

魂の不滅と輪廻転生 僕は来世も人間として生まれ、そして音楽と戯れたい。

人は生まれ変わりを繰り返して霊的に成長していくんじゃないかと思う。 なんだか唐突に 生まれ変わり について考えていました。ある程度年齢も過ぎるとこれまでの人生や、これから先のことを考えてしまいます。 私の年齢や人生経験について詳しく...
音楽について語る

演歌が大嫌い。なぜ演歌が嫌いなのか?その理由を探ってみた。

僕は演歌が大嫌いだ!! 日本人といえば演歌。どうなんでしょうね? 僕はそうは思わない。あんなもの大嫌いですから。 なんとなく演歌っていうと朝鮮かも? って感じて調べてみたらやっぱり 「そう感じる」 って意見がありました。根拠について...
音楽について語る

ルネサンス音楽が気持ちいい。日本では室町時代 こんな音楽を聴いていた日本人がいたかもしれない。

バロック音楽の一つ前時期のルネサンスミュージック ルネサンスというと14世紀から15世紀のヨーロッパ、とくにイタリアにおける大きな文化運動という認識でいいかと思います。ここでは特に音楽に注目しています。 大雑把な時代区分でいうと日本...
音楽について語る

歌詞をまったく聴かない音楽の聴き方 これは個人的な嗜好だからどっちでもいい。

ヴォーカルのある音楽の意味が分からない 僕はインストが好き。これは個人的な好みだから別に歌っていうのを否定しているわけじゃないです。ただ歌詞の意味を考えながら聴くタイプじゃないってだけ。 歌付き曲でも 「いいなあ」 って感じるソング...
ギター

クラシックギターが欲しい。音楽的にも技術的にもクラッシックギターが最高だと思うワケ。

ギターでロックもジャズもやるけど、クラッシックだけは別次元だ。 ギター音楽全般はとても好きなので、ジャンルにこだわらず、いろいろ聴いています。ロックは言うに及ばず、ジャズやクラッシック、民族音楽とか、果てはコーラル イスラムの詠唱や、教会...
ギター

JポップとかJロックとかエレキでダイアトニックコードかき鳴らしているだけじゃないの?

ロックの源流はブルースミュージックにある。 音楽なんてね、個人の自由だから 「なんでもいい」 わけですよ。誰かが 「サイコー!!」 って叫べばそれでいい。オレ 干渉しないからね。 というわけで、あくまで個人的な見解だけど好き勝手に書...
音楽について語る

ブルガリアンボイス と 赤とんぼ ペンタトニックが持つ音楽の普遍性

ペンタトニックによるメロディー ブルガリアンボイス と 赤とんぼ を聴いてみよう 僕が好きな曲に 赤とんぼ があります。小学校でしたか音楽の授業で習った記憶がみなさんあると思います。作曲者は 山田耕作 ですね。 今回は 男は...
音楽について語る

坂本龍一 音楽について考える扉を開いてくれた本

教授と呼ばれている男 坂本龍一 の考えを知る ここに一冊の分厚い本があります。買ってから何年も経っている本。買った時の値段は 7000円。高かったです。でも書店で一目ぼれして買っちゃいました。まだインターネットなんてなかった時代の話です。...
ギター

音楽の本質と普遍性について 1

バッハのG線上のアリアってどう思う? 僕の好きな曲に G線上のアリア があります。有名な曲です。おそらくほとんどの方が良い曲だと言うはず。 これはなぜなんでしょうか?理由を考えたことがあるでしょうか?僕は今まで考えたことはなかったで...
ギター

レナードバーンスタイン 答えのない質問 音楽を考える人なら見ておいたほうがいい。

レナードバーンスタインのハーバードにおける講義は音楽人なら見ておいたほうがいい。 この記事は アメリカの指揮者 作曲家であるバーンスタインについて書かれています。紹介したいのは バーンスタインの母校であるハーバード大学でバーンスタイン本人...
ギター

ジャズ記事にブクマ?意外なブックマーク数について

ジャズの紹介記事にブクマが付く不思議 なんとなく はてなブックマークを見ていたら、なんとジャズ記事にけっこうなブックマークがついているではありませんか?! なんでだろう? はてな民ってのは、こむずかしい音楽が好きなヤツが多いの...
ギター

音楽を考える上での出発点をどこに求めるか?

音楽を ”やりたいようにやる” というのは答えになっていない。 さて、音楽、楽曲ですね、それを制作、創造するときにどんなことを考えているのか? これは人によっていろいろ答え方はあると思います。目的にもよりますし、個人それぞれに動機が...
スポンサーリンク