2017-12

スポンサーリンク
音楽とギター

自己プロデュース能力、セルフブランディング能力の高いギタリストたち

ギター演奏能力と自己プロデュースについて 最近は音楽そのものよりも、それをどうやって聴かせるか? あるいは 魅せるか? という方面に興味があります。それは決して音楽への思いが薄れたということではなくって、音楽を続けるうえでの目的といいます
いろんな音楽

ベッド イン ボディコンおねえちゃんの二人組 なんでも聴いてみよう。

肉感的ムチムチボディの二人が作る音楽世界 たぶん年齢は30代だと思うけど、結構な肉付きの女子が二人フロントに立つ音楽ユニット 「ベッド イン」 んー、名前の通りかなりエロを前面に押し出したパフォーマンスですね。おっさんにはかなりウケ
ミュージシャンとファッション

音と色彩とファッション ファッションに無頓着なミュージシャンとお洒落なミュージシャン どんな違いがあるんだろうか?

音と色彩がリンクする共感覚はファッションと関係がある。 あるサウンドを聴くと、それに対応した色彩を感じます。これを共感覚といいます。人によって違いはあるようですが、おおむね似たようなところがあり、それは虹のようにきれいに並んでいます。
いろんな音楽

小沢健二 僕には彼の良さがさっぱり分かりません。disってるんじゃなくって本当に分からん。

自分に合わないものを無理して聴く必要はないです。 さて、今回は小沢健二。僕はリアルタイムで彼の活躍を知っている世代なんだろうけど、まったくといっていいほど興味がありませんでした。 だから彼の楽曲に関しては90年代の曲も含めて「初めて
いろんな音楽

予備知識なしに ONE OK ROCK を聴いてみた。音楽的にインスパイアされる部分は僕にはない。

プロデュース的には成功しても音楽的にはまったく面白くない ONE OK ROCK 彼らを評価している方たちには申し訳ありませんが、僕には彼らの 「ROCK」 はまったく響きません。なんか「ツマラナイ」んですね。 彼らなりの世界観があ
いろんな音楽

日本のバンド モランボン・・じゃなくって クラムボン でした。

上手く表現できないサウンド。こういう系統ってなんなんだろう? 音楽ジャンルは、まあどうでもいいのですよ。僕が「なんなんだろう?」 と感じるのは、その「つかみどころのなさ」とでも言うのか。 サウンドとしては理解は当然できます。演奏技術
ギタリスト

ドリームシアター The Best of Times – Guitar Solo こういうの好きだな。

ロックギターのひとつの完成形みたいなやつ。弾いてる人は誰か知らないけど。 ちょっと古すぎるかもしれませんが、今更ながらのヤツを。 まずは演奏動画を。 僕はこのギタリストがジョン・ペトルーシ本人かどうかもよく分からないんだけ
音楽とギター

ラヴェル「ボレロ」 メロディについて

ボレロの主題、メロディが普通じゃないと思うのだけど、あまり突っ込む人がいない。 ラベル作曲のボレロ。人気ありますよね。僕も好きです。大体15分ぐらい同じメロディの繰り返しが続く曲ですが、何度でも聴ける不思議な曲です。 楽曲解説は
トト予想

第974回 トト予想

第974回 トト予想 なかばヤケクソ気味です。 結果 今シーズンもハズレまくりで終わりますね。んー、簡単に上手くはいかない。そんなもんだな。そんな中、最後の最後に少しだけどご褒美があったようです。 ゴール3で一個
スポンサーリンク