2018 Jリーグ開幕 予想に向けて思うこと。

スポンサーリンク

これまでと同じ予測方法じゃ無理っぽい。

はい、何年もかけてサッカー予想を続けてきましたが、なーんにも結果は残せてません。おそらくこのまま続けても結果は同じであり、満足できるものは残せないだろうと思いますね。。

残念ではあるけれど、これが僕個人の能力の限界ではないだろうかと。

というわけで、開幕にあたっては予想はしません。日本の宝くじである TOTO ではなくて、スポーツブック で、「プラスになる賭け方」 ってやつを研究していった方が面白いんじゃないかと思う。

このページでは海外のブックメーカーについてのおすすめについては書かないけれども、ブックメーカーは「賭けに対する自由度」が非常に高くて、自分で賭けをコントロールできるところが魅力なのですね。

最低1試合、1ドルから賭けることもできるので。それにミニトトみたいな枠をいくつも自分の好みで作って、それに好きなレートを載せて賭けることもできる。しかもスポーツのジャンルというか、そういうのはナシで。

たとえば野球とバスケットとサッカーとかね、そういった異種競技同士で賭けの枠を作ることができる。

自分の自信のある予想というのを「いくつも掛け合わせて」賭けることができるのですね。もちろん数が増えるほど予想難度が上がるのだけれども、逆に成功した場合はリターンは賭け金に対してものすごく大きくなります。

サッカー予想を通して触れてきた機械学習に対する知識は無駄にはならない。

僕がサッカー予想を続けてきたのは、純粋にサッカーが好きで面白いというのもあるのだけれど、お金を得るという目的もあった。まあ、これは上手くはいかなかったし、今後の見通しも明るくはない。

だけど、これまでに独学で得た知識っていうのは自分にとってはかなり役に立つものなんじゃないかと思います。いろいろ応用はできますからね。

 

 

コメント

  1. やまだ より:

    この記事に書かれているような、これが自分の限界なんじゃないだろうか、という気持ち、よくわかります。
    私も10年近くtotoを当てようともがいています。
    3等は年に0~3回ほど、2等はトータル数回当てたことがありますが、1等はまだ当てたことがありません。
    2009年位から2013年までは重回帰分析で得点差を予測しようとしてました。
    しかしながら的中率は低く、この手法はやめてしまいました。
    次にやったのは自分なりの予想で11W程度の予想を作り、それを削減していかに効率よくシングル化するかということをしばらくやっていました。たまに3等は当たりましたが、やはり1等厳しかったです。
    最近はpythonのscikit-learnを使って機械学習を試行錯誤しながら取り入れはじめたところです。
    もし迷惑でなければ情報交換などできたらと思いますが、いかがでしょうか?

    • nice clew より:

      いいですよーお気軽に声をかけてくださいね。
      ただ最近は仮想通貨ばっかり追っかけてまして、トトはお休みしてました。
      まあ機械学習の知識ってのは何にでも応用できますので、ビットコインの
      取引にも応用できるわけで、無駄にはなってないです。

      python もぼちぼち勉強していろんなアイデアをスクリプトとして
      落とし込めるように、つまり具体的な目的のためにコードを書けるように
      なりたいなと。
      ちょっと時間かかりますけどね。

      ではでは。