clew

気になるモノ 気になる人 気になる言葉

*

韓国など日本やアメリカの防衛には役に立たない。血を流すだけバカを見る。

      2017/01/10

朝鮮のために血を流すことなどあり得ない。中国、そしてロシアを牽制するためには日本が最後の砦なのだ。

太平洋戦争の発端、その原因はアメリカにあると思っています。経済的な締め付けで大陸進出に「待った!」 をかけてきたことです。

日本が理由もなしにアメリカを殴るなどあり得ません。結果的に真珠湾の先制攻撃は、「奇襲攻撃」 としてのちのち非難され、卑怯な奴ら としてアメリカ人の憎しみを買ってしまうことになります。

当時の共産の馬鹿どもを抑え込んでいれば大東亜共栄圏構想は成功していました。コミンテルンは紛争を起こして革命を成功に導くためにあらゆる工作活動をしていました。アメリカも例外ではなかった。アメリカは日本と上手くやっていれば、現在のように東アジアに多大な負担をすることなく、日本を利用して共産主義者と対峙することができた。

共産主義と戦っていた日本を叩き潰し、自ら東アジアの防波堤をぶっつぶしてしまったと思える。北朝鮮の金豚野郎が今もアメリカを挑発していますね。さぞかし目障りだろうと思いますが、下手には手出しはできません。中国やロシアが今でも後ろから狙ってるからです。

この2国は領土的野心が今でも強い。潜在的危険国家であることは明白。大国であり、交渉もやっかいですが、なんとか血を流すことなく共存していく道を探ってほしいと思います。

さて、ここで朝鮮なんですが・・・

この朝鮮、日本にとって必要なのか?

よく言われること。それは 日本にとっての緩衝地帯だという説。だから朝鮮半島情勢には必ず干渉が必要だということ。

本当にそうなんでしょうか?

結論から言うと、僕はそうは思わない。兵器や戦術も変化している現代において、陸地の緩衝地帯ってどれくらい効果があるものなのか?

現に日本は仮想敵国からミサイルの照準を合わせられていて、その気になればいつでも攻撃を受ける。朝鮮半島に同盟があっても、そこをすっ飛ばして直接日本本土の基地なり、工場地帯などを狙うことができる。

もちろんすぐさま反撃は受けるだろうけれども、緩衝地帯って防衛の助けになるには 陸地続き じゃなければあまり意味はない。飛び道具じゃなくて、兵士が実際に進撃する場合しか緩衝地帯とはいえないんじゃないかってね。

んなわけで、海に囲まれてる日本にとっての防衛ってのは、やっぱり海軍ですよ。ここをうんと充実させて、上陸を阻止する。それと飛び道具も充実させて、「やればそれ相応の反撃を受ける」 ことを、これも仮想敵国に十分に認識させるわけ。

今はアメリカの傘に実質守られています。これは重要。

おそらくトランプ氏も重要性は十分に認識しているはず。そう簡単に縮小撤退はしないでしょう。ただ、日本の防衛をおろそかにすると、自国アメリカにとっても不利益を被ることは確実なので、悩ましいところだとは思います。

朝鮮などもういらない。勝手に自滅してくれたほうがありがたいのだよ。

さて、朝鮮が以前のように中国の属国扱いになるか、あるいはロシアの自治区になるかは分かりません。はたまた気の狂った指導者によって暴発自滅するかもしれませんが、日本は沖縄を含む防衛ラインを死守するのみ。

大陸進出などゆめゆめ考えてはならない。あそこは地獄の入り口なんです。安定した政権のもと、自由主義国家が誕生するのがベストなんですけど、おそらくそれは無理なんじゃないかと思います。

満州国のあった当時の姿ってのが、やっぱり素晴らしいです。傀儡国家であったとかいわれますが、あそこにまともな国家があったというのは日本にとってどれほど恵まれていたか、考えてみたらいい。

昔のことを言ってもしょうがない。今は、南シナ海、そして尖閣を含む沖縄、対馬、壱岐 などを結ぶラインをどうしても守らなくてはならない。これは日本の生命線です。

アメリカのこれからの政策にもよりますけれども、日本は本気で 核武装 を議論した方がいい。イプシロンロケットの成功などで技術はもう手中にある。あくまでも防衛という観点からですけど、「日本に手を出したら取り返しのつかないことになる」 ことを強くアピールするべきです。

いつまでも敗戦国などという不名誉な歴史を引きずって頭を下げ続けるべきではない。日本にとって朝鮮は不要。こんな馬鹿どもと同じ立場で付き合う必要など微塵もないのです。

韓国が生き延びる唯一の道 それは反日政策を永久に止めることだ。

もう後戻りはできないし、可能性も低いことだけど、韓国が日米と価値観を共にして中国、ロシアと対峙するためには、反日 という言葉でくくられるすべての活動を即刻停止することです。

これまで日本やアメリカは、反共のために文字通り人命を犠牲にして韓国を支援してきました。その努力もむなしく、韓国は二枚舌を使いなんとか自国にとって有利になるように立ち回ってきました。これが国家間の信頼を損なう原因となり、今に至るわけです。

大韓帝国時代と本質的にはまったく変わっていないと感じざるを得ません。

もはや修正は不可能。彼らは自力で立ちまわっていけると考えているかもしれませんが、多くの外国人、(日本人も含めた話だけど、) そうは感じていない。朝鮮人が尊大な態度で振舞うほど、まわりはますますバカにする。国家の立ち位置というものを冷静に考えて行動を選択しなければならない時に、まったく馬鹿げた民族的特性からなのか、火病と呼ばれる激情に走って本質を見失ってしまいます。

日韓併合に至る道のりや、その後の歴史をよくよく見てみると、その本質はまったく変わっていません。かれら朝鮮人はいったいどう歴史を考えているのか? まったく理解しがたいです。

先にも書きましたが、もう後戻りはできません。長年にわたる反日政策や反日教育の影響は深刻です。多くの識者が述べているように、これ以上 朝鮮への積極的関与 は止めるべきです。やってもやっても無駄。

古くから日本人は朝鮮や中国の有志たちには協力を惜しまなかった。東アジアの同胞として、欧米の植民地政策に相当な危機感を持っていたからです。それが共産主義者によってかき回され、泥沼に引き込まれてしまった。東アジアを守るために立ち上がった日本が、逆に東アジアを侵略する悪者として描かれているのが現状なんだと思っています。

 


 

朝鮮は永遠に潜在的敵国 おさらばしよう。

最後に、時すでに遅し 朝鮮のミサイル防衛システムも失敗に終わるでしょう。

朝鮮は永遠に敵国なのです。日本は朝鮮にいい加減見切りをつけ、アメリカと同盟を維持しつつ、中国とロシアに対峙できる軍事力を持たなければなりません。だれしも平和が一番、それは当たり前な事。冷酷な現実の前には、現実的な手段でもって対抗、抑止するしか方法がありません。

旧社会党、共産党の罪は重い。

村山富市 慰安婦問題 最大の戦犯

僕は 慰安婦問題の広義における日本政府の責任を認めた河野談話よりも、侵略戦争を認めた村山富市の方が責任は重いと思っています。

よく調査もしないで、安易に政治的解決を図ろうとした 河野談話。慰安婦問題を引き起こしたのは朝鮮人も対象としたからで、募集さえしなければこんな事態にには至らなかったという意味で、広義の政府責任を認めました。

村山談話の方は、「植民地支配と侵略」 とはっきり書かれています。これにたいしておわびと謝罪をするということです。しかし、よく調べてみると、一連の戦争にいたる道筋にはいくつも解釈が分かれ、亡くなられた昭和天皇が野望のために大陸進出を決定したのではないことは明白です。

結果的に 敗戦 となり、戦犯国 としての地位を甘んじて受けている日本。戦勝国によって一方的に裁かれたために真実が捻じ曲げられ、それが本当のこととして現在も言われ続けています。

もうひっくり返すことは不可能ですが、僕は一方的に当時の日本が世界に向けて牙を剥いたとは考えていません。それにはしかるべき理由と、連続する歴史の流れがありました。

「何もない平和な状況から、一方的に侵略行為を始めたのではない」 このことはよく覚えておくべきです。村山のようにいつまでも頭をペコぺコ下げて、謝罪を続ける姿というのは本当に誤解を与える。

当時の政府が国策を誤ったのかどうか? これは結果からしか評価できないことです。仮に現在でも満州国が存在し、日韓併合もスムーズに移行して現在に至っていると仮定したら、どう評価するのか?

いずれにせよ、過去は覆りません。

日本はもうすでにじゅうぶん世界に貢献しています。謝罪と反省にこだわるのは朝鮮と中国共産党だけ。あとロシアもか。北方領土に対する認識を見る限りロシアもおかしな国だとは思うが。アジアに関しては両者とも国際的にはまともな国ではない。この狂った連中とこれから先、どうやって付き合っていくのか?

これら狂った国家には共通の特徴があります。

それは、皇帝を殺してしまった ということ。もしくは国外追放して受け入れも拒否したこと。こういった 「歴史ある国の象徴でもある方、系統」 をいとも簡単に、そして敬意を抱くこともなく消し去ってしまう国家だということ。

国にとって歴史を体現する皇帝の存在はとても重要なことです。日本にとって天皇が存在することはとても恵まれたことだと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 日本