clew

気になるモノ 気になる人 気になる言葉

*

第876回トトくじ予想 

      2016/09/27

トレーニングデータとテストデータを全面的に変えて臨む予想 第一弾

さて、従来の予想方法とはガラッと仕様を変えて予測に臨みました。どんな結果になるのかさっぱり分かりませんが、楽しみです。

以下がその予想。

876%e4%ba%88%e6%83%b3

薄いピンクのマーキングはマルチ買いの候補。福岡の勝ち、磐田のドロー、清水のドロー、岡山、京都 の順当勝ち といったところが確率的に アリ なのかなと。

全体を見ると 仙台、神戸、浦和、ガンバ、など 順当候補を結構はずしてマークしてあります。わざと外しているわけではありません。あくまで機械的予想なので。さて、どうなることやら。

さっそく検証

いやー、やっと終了。。川崎ー横浜M 主審 家本 政明 に試合ぶっ壊されるかと思ったが、川崎 やりましたね。それにしても ロスタイム長すぎ。。

入賞はなりませんでしたが、そこそこ満足のいく結果が得られたと感じます。神戸、浦和 といった当然マークしてしかるべきところでコケちゃったようですが。でも仕方ないです、機械判断ですからね。

悔やまれるのは FC東京。。だいたい終了間際に 平山相太 の決勝弾で勝利ってのが鉄板パターンで、これまで何度もやられてきたわけですが、今回ばかりは上手く逃げ切れなかったようです。ガンバの執念に勝ち点3を逃したわけで。

あとは 大宮ですか。PKさえなければ勝ってたか? しょっぱなの不注意で失点ってのは痛い。磐田ー湘南の引き分けも想定内だったし、全体で予想を評価すると、かなり良い線を読めていたんじゃないかと思います。J2 も、あまり期待はしていませんでしたが、今回はすべて正解しているし。。

では、予想方法について少し種明かしをしたいと思います。

今節の予想はすべてチーム別データによるもの

さて、少し前から チーム別データによる機械予測に切り替えています。これまでは今季の試合データってのを全チームまとめてトレーニングデータとしていました。なぜ、こんなやり方をしていたかというと、

どのチームであれ、試合スタッツのパターンが読めれば予測は可能である

という考えから行っていたわけです。スタッツにはパターンがあって、それは各チームで共通である という見方ですね。これを逆に考えて、チームにはそれぞれ個性があって、スタッツパターンは異なっており、似たようなスタッツを示していたとしても結果は同じではない・・というように考えるわけです。

あと、テストデータも全く別のスタッツを流用して作成しています。これまでは前節示したパフォーマンスを基準に考えていましたが、これもちょっとしたアイデアで変えてみました。今後もいろいろテストして変えていくつもり。何が有効なのかイマイチ分からないので。

現実的なマルチ買いについて

バラ買い削減について、少し考えてみます。TOTOX というフリーソフト、みなさん使っていると思われます。私もそれを使用します。

上限は 5万円、しかしこんなにたくさん買えない。もっとも幅広く買い目を広げられて、なおかつ赤字ギリギリのラインは?

ダブル 8 、 シングル 5 、2等削減  か。

これで 32通り 3200円 になります。3等が激安目でも複数当選でなんとか元になる? J2 を天運にまかせて、J1 メインで8枠分 ダブルで買う。J1 の予測がある程度の精度でできればかなり当選の可能性が高くなると思うのですが。

たとえば、確率的に見て 第二候補の枠までにすべての正解を含めた予想案ができたとします。例として今節の予想を挙げましょう。これは冒頭に挙げた予想とは少し手法を変えています。モデル構築の際に少し属性項目をいじっています。他は全く同じ。今後の予想において、今節の手法がどれくらい再現性(汎化性能)を持つのかは分かりません。

ちなみに J1 と J2 は同じ予測方法ではありません。J2 の方は 手直ししない方が良いみたいですね。

j1-2-13-%e6%9c%80%e7%b5%82%e4%ba%88%e6%83%b3

確率の一番大きなものが左側に 予想 として示されています。右側の数値はドローを挟んで左がアウェイとなっていますので注意してください。

自画自賛ではありませんが、浦和ー広島 を除いては かなり良くできた予想だと思います。数値の示す大小の程度を無視すれば、すべての枠において 一番大きな数値、二番目に大きな数値 ですべての正解を含んでいます。

実際に予想をする際には支持率との兼ね合い・・つまり、その支持率をどれくらい信頼できるのか?  といったことや、買い方による予算の都合もありますから、なかなか第二候補すべてにマークはできませんけれども、考え方としては 「やや大きい」 数値の枠を狙い撃ちで買うという使い方もいいのかなと思います。ただし条件として、この予想方法が今後の開催回にも同じような性能を示すかどうか? これが一番問題なわけで、たまたま今節だけ有効だった・・なんていうこともよくあることです。単純には喜べないんですよね。


 

さて、次節もこの手法で予測します。良い結果が出るといいんですが。

 

 

 

 

 - トト予想