clew

気になるモノ 気になる人 気になる言葉

*

演歌が大嫌い。なぜ演歌が嫌いなのか?その理由を探ってみた。

   

僕は演歌が大嫌いだ!!

日本人といえば演歌。どうなんでしょうね? 僕はそうは思わない。あんなもの大嫌いですから。

なんとなく演歌っていうと朝鮮かも? って感じて調べてみたらやっぱり 「そう感じる」 って意見がありました。根拠については不明。

試しに朝鮮の歌っていうのを聴いてみます。一曲目

「釜山港へ帰れ」 チョー・ヨンピル

 

まんま演歌ですね。演歌のイメージそのもの。1972年の歌ですから朝鮮ルーツというわけではなさそうです。もっと古いのないかな?

次は本調アリランというやつ。

まんま民謡です。僕の耳には日本の民謡と同じように聴こえます。ちょっと音階が違うような感じもしますけど、こぶしの感じとかまるで演歌と同じ。

次は北朝鮮版トラジ

 

んー、歌詞を日本語にしたらそのまんま演歌で通じますね。

まともに聴くのが苦痛なのでもうやめます。朝鮮を併合する以前からどうやら民謡というのは存在したようであり、ペンタトニックを基調とした音楽という点では日本の民謡とさほど変わらない。

しかしどうも好きにはなれないです。もうスナックとかそういうお酒の席で歌われるものというイメージしかなくて、鑑賞するもの というレベルじゃないです。新鮮さも精神性も何も感じない。

強いて言うなら、二曲目の本調アリランぐらいか、ああいう文化的側面を感じれるものはまだ良い。

演歌っていうのは近代に作られたものであり、日本古来の音楽文化じゃない。

原始的なワークソング、フォークソングっていうのは民間にはあったと思う。それが各地域に残る民謡です。ただそれが演歌のルーツとしてずーっとあったかというと 「それはない」

ずーっとあるのは唯一 雅楽 のみです。演歌のルーツについては諸説あるけれども、僕は朝鮮説をとりたい。

昔も今も紅白歌合戦といえば演歌だ。

NHK紅白歌合戦のイメージといえば演歌。現在ではだいぶ状況も変わってきたとはいえ、やはり大御所といえば演歌歌手というのは異論はないと思います。あれがいつから行われているのか?

1951年からというから、67年間。戦後まもなくですね。敗戦とともに英米の音楽も入ってきたころ。どういうわけで演歌が幅を利かすようになったのか、僕にはよくわからない。

とりあえずは人気が出ないことには流行らないですからね、商業音楽として成功させたい勢力がいたのは間違いないと思います。一つの仮説ですけどここでキーマンをひとり挙げたい。それは古賀政男です。

古賀メロディと朝鮮

古賀は日本生まれの日本人です。だけど子供のころに朝鮮に移住し、そこで京城善隣商業学校を卒業します。併合期の朝鮮で思春期を過ごしました。これが彼の音楽性に大きな影響を与えているのではないかと思うわけです。

戦前戦後とヒット曲を量産した古賀氏。併合期と敗戦後、そして朝鮮動乱で日本に大量に住み着いた在日朝鮮人。これらの関係を時系列でたどってみると演歌というものがどうして日本を代表するような音楽になったのか、なんとなく見えてくるような気がする。

ただ、自分自身について正直に言えば、こういった政治的な理由から演歌を受け付けないわけではなくて、なんというか生理的に演歌のような感覚が嫌いなのですよ。

演歌が持つDNAは俺にはない。

 - いろんな音楽, 音楽について語る