ベッド イン ボディコンおねえちゃんの二人組 なんでも聴いてみよう。

スポンサーリンク

肉感的ムチムチボディの二人が作る音楽世界

たぶん年齢は30代だと思うけど、結構な肉付きの女子が二人フロントに立つ音楽ユニット 「ベッド イン」

んー、名前の通りかなりエロを前面に押し出したパフォーマンスですね。おっさんにはかなりウケるんじゃないかと。まあ、スケベ性はみなあるからね。

ちょっとインタビューみたいなのを読んでみたんですけど、これがまた読みにくいといったらない。ひと昔前のギャグ?やら下ネタで、面白いというより読みづらくてしょうがないんだな。

 

ベッド・インが語る、ボディコン・ロックの進化とメッセージ「全国民のみなさんにバブルの良さを」 - Real Sound|リアルサウンドベッド・インが語る、ボディコン・ロックの進化とメッセージ「全国民のみなさんにバブルの良さを」 – Real Sound|リアルサウンド

イメージとしてはかつての ジュリアナ世代 とでも言うのか、いわゆる ワンレンボディコン で、パンティ丸出し超ミニスカートで、踊りながら歌う。これ、絶対おっさん世代には受けるわ。

一応、彼女らなりに音楽は考えてるんだよね。

まあ読めば分かるんだけど、あの子らなりにイメージするサウンドってのはちゃんと考えています。僕が感心するのは、トータルな自分たちのイメージ戦略ってのをちゃんと設計して、カラーを明確にして観る人にアプローチしているってとこ。

根っこは本当に音楽を愛してると思うし、けっしてオフザケでバンドやってるという感じでもない。ちゃんとビジネスとして、自分らをどうセールスしていくのか? ってとこを、おそらく真剣に考えているのではなかろうか。

じゃなきゃ、あんな歳をしておバカなことやってられないでしょ? たとえばこんなパフォーマンス。

YouTube

まったく恥ずかしくねーのかよ(笑)

まあ、こういう方向性もあったのか・・ってな感じを僕は受けたんだけど。サウンドの方はというと、何がヒットしてるのか僕にはよく分からないので、適当にYOUTUBEから貼っておきましょう。

音楽的にはまだ何がどうだとかよくわかんないし。僕的には 「どうでもいい」 音楽となるでしょう。

 

ベッド・イン / 「男はアイツだけじゃない」ミュージックビデオ

コメント