ダブルストップとは? ギターにおけるダブルストップ奏法

スポンサーリンク

ダブルストップってなんなの?

あーそれ。

ウィキでは重音奏法って説明があるわね。

ふーん、意味は分かるんだけど

なにか実例というかサンプルが欲しいなぁ。

 

 

 

あー、それだったらジミヘンドリックスの演奏なんかがいいかも。

え? あのジミヘン?

ジミヘンドリックスってロックギタリストでしょ?

なんで重音奏法と関係があるの?

 

そうね、それはジミヘンのコードの弾き方と関係があるかもね。

 

ジミヘンドリックスのコードの弾き方とダブルストップ奏法との関係

かなりマニアックな内容となりますが、ギター奏法の一つに ダブルストップ というものがあります。

簡単に説明すると、「メロディの一部を復弦でハモらせて弾くこと」 です。

当然ですが、ハモらすには和音になっていないと綺麗には聴こえません。とりあえず 2声でのハモリでもコードスケールからはずれた音を使うと調子っぱずれの音になります。

いちいちどの音をハモらすのか考えながら弾くこともあるのですが、一番手っ取り早いのは、

最初からコードを押さえてメロディのように弾くというやり方です。

スケールのように1音ずつ弾かなくても基本的ローコードだけでメロディックに表現することはできる

どういうことか説明しますと

ジミヘンドリックスは基本的にローコードの押さえ方だけで曲を弾くことが多いです。

ジミヘンサウンドはペンタトニックフィンガリングおよびペンタトニックフレーズが基本のような気もするのですが、実はローコードフォームを使ったサウンドが基本ではないかと僕は考えています。

 

言葉で説明するのはなかなか難しいのですが、よくあるフォークソングのギターでのバッキングを考えてみましょう。

通常の場合、カポタストをして簡単なオープンボイシングのコードフォームを弾きますよね?

その時にはすべての音が協和音であり、変化をつけるためにハンマリングをしたり、プリングオフをしたり、余っている指で音を付け加えたりします。

んで、同時に六本弦の他の音を鳴らしてもきれいに協和したコードサウンドに聴こえます。基本的三和音構成に最初からなっているので当然ですよね。

ジミヘンドリックスの場合は、このカポタストの代わりである人差し指のバレーは使わず、ネックを握りしめるグリップ型で押さえることが多いかと思われます。

基本的ローコードの省略形であるフォームを使ってメロディの音を弾くのと同時に、その他の弦も同時に鳴らしていくことによって独特のサウンドを作っています。

これが音を重ねるという意味での 重音奏法、ダブルストップ というわけです。

 

参考音源

 

本当はジミヘン本人のオリジナルがいいんだけど、肝心のネック側があんまり撮れていなくて(笑)

でも、この教則動画、よくできてると思います、サウンドもまんまジミヘンだ。

余談だけど、ジミヘンドリックスはライブ中によくチューニングをします。激しいアーミングとかするのでしょうがないのですけど。

んで音を出して耳で聴いて合わせるわけ。当時はチューニングマシーンなんかなかったので仕方ありませんが、この時に ローコードの C を弾くんですね。

これ、弾く人によってかなり好みがあります。

まあジミヘンにとっては C のサウンドが好きだったようです。

 

 

 

 

 

コメント